【ポメラニアン】お留守番時に必要なペットカメラ!機能別カメラの選び方を紹介

※当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。
ポメラニアン

わんちゃんをお迎えしたは良いけれど、お留守番を任せてしまうことが多い飼い主さんもたくさん居ますよね。1人暮らしだったり、共働きだったりするとなかなか四六時中わんちゃんと一緒には居られません。そんな時に便利なのがペットカメラです。ここではペットカメラのメリット・デメリットと共に、オススメのペットカメラの紹介もしていきます。

ペットカメラとは

そもそもペットカメラとは何か、という所ですが机などの台の上に置き場所を固定した状態でカメラの先に映るわんちゃんの様子を観察出来る物です。もちろん、場所は固定せずわんちゃんを追うタイプのペットカメラもありますが一般的に多いのはわんちゃんのいる場所が映るように場所を決め、同じ角度からその様子を映せる物になります。

メリット

外出先から様子が分かる

ペットカメラの1番のメリットは、外出先からわんちゃんの様子が伺えるです。お留守番をしている時に1番気になるのはお留守番中にわんちゃんが何をしているのか、ですよね。そういった心配事もペットカメラがあればすぐに確認が出来るのでとても便利です。わんちゃんは大体お留守番中にはお昼寝をしていることが多いのですが、その様子をリアルタイムで見れるのはとても嬉しいですよ。

わんちゃんの違和感にすぐに気付ける

わんちゃんが例えば体調が悪そうだったり、嘔吐や下痢をしてしまった時などにもペットカメラがあればすぐに気付くことが出来ます。何も知らずに帰宅し、ぐったりしたわんちゃんを見るのは怖いですよね。ペットカメラで確認が出来れば、気付いた時に帰宅しすぐに対応をすることが出来ます。

ストレス軽減に繋がる

お迎えしてすぐのわんちゃんなどは特に、まだ慣れない環境や人に警戒したり怯えたりしてしまいます。なので、同じ部屋に慣れない人がずっといるのはわんちゃんにとってストレスに繋がってしまいます。そんな時にもペットカメラがあれば、別の部屋に居てもわんちゃんがどんな様子なのかが見て分かるため、わんちゃん自身もストレスの軽減に繋がること間違いなしです。

外出先でもおやつをあげることが出来る

ペットカメラの機能の話になってしまいますが、物によってはペットカメラでも給餌が出来る物があります。このタイプを選べば、例えばお迎えしてトイレトレーニングの途中のわんちゃんだった場合でも、外出中にトイレが成功した時にご褒美のおやつをあげることが出来るのでオススメです。

デメリット

Wi-Fi環境が必須

どのペットカメラでも共通して言えるのはWi-Fi環境が必須、という点です。ペットカメラの取り付けには工事などは不要で、Wi-Fiさえ繋がっていればすぐに使用することが出来ます。その為、ペットカメラを購入する際はWi-Fi環境を最初に整える必要があります。

フリースペースが多い場合全て映すのは困難

多くはどこか小高い場所に置き、わんちゃんを見える位置にカメラを配置しますが、例えば1部屋丸々わんちゃんが動けるスペースだった場合は、わんちゃんのいる場所によってはカメラでは捉えられない場合もあります。その場合は障害物になるような物を撤去し空間を広く使うか、もしくはフリースペースを狭めることで対処が出来ます。

ペットカメラの種類

スタンダード

一般的にわんちゃんを暮らしている方に多いのはこのスタンダードタイプです。スマホからの操作でカメラを動かすことが出来ます。比較的安価で購入しやすいのが特徴です。ケージの中など、狭い範囲であればこのタイプで問題ありません。スマホからわんちゃんの様子を見たり、撮影したり出来るので使用感としても問題無いです。

自動追跡タイプ

このタイプは主に、部屋の中で自由に行動出来るようにしているわんちゃんにオススメです。わんちゃんの動きをキャッチして、カメラの角度が自動で調整されるためわんちゃんを見失わないのが大きなポイントです。家の生活に慣れ、フリースペースが広いわんちゃんにとってはこちらが使いやすいです。

給餌可能タイプ

ペットカメラの機能を搭載しつつ、おやつなどをあげることが出来るタイプもあります。他の物と比べると値が張る物は多いですが、その分機能的にはとても優れています。スマホの操作でおやつをあげることも出来ますし、カメラには自動追跡が付いているものがほとんどです。長い時間お留守番をさせてしまう場合などは、こういったおやつを外出先からでもあげることが出来るタイプがオススメです。

まとめ

◎お留守番を任せる場合はペットカメラを用意すべし
◎種類が多いので生活スタイルに合ったものを選ぶ
◎お留守番時間が長くなる場合は給餌が出来るタイプがオススメ

コメント

タイトルとURLをコピーしました